アラフォーおひとり様、脱サラしてフリーランスになる

FIREして週休4日のフリーランスになります。

【節約レシピ】200円のアクアパッツァ

ごきげんよう、ヤモリです。

みなさん、節約してますか?今日は自炊の節約レシピとそのポイントをご紹介します。


f:id:arafo-ohitorisama:20210411152720j:image

 

■200円のアクアパッツァ

材料

タラの切り身1切れ…100円(写真は1/2切れを2枚)

冷凍ブロッコリー3房…20円

ミニトマト7個…40円

冷凍アサリ8~10粒…30円

ニンニク1かけ…10円

合計 200円

 

作り方

・フライパンにオリーブオイルを引いて魚を両面焼く。

・焼き色がついたら、刻んだニンニク、ブロッコリー、アサリ、半分に切ったミニトマト、水100CCを加えて中火で煮る。沸騰したら弱火にして5分ほど蒸す。

・塩コショウ、パセリなどで味を調えて完成。バケットやサラダと一緒にいただく。

 

アクアパッツァの優れている点

白身魚なら割と何でもOK

お魚ってヘルシーで美味しいのに高いんですよね。アクアパッツァのお魚は白身魚ならなんでもOKなので、その時最も手ごろな値段の魚を買いましょう。タラなら大体1キレ100円くらいで買えるはず。いいことがあった日はちょっと贅沢して鯛を使います。

 

野菜を入れて増量できる

正直、切り身1キレじゃぜんぜん物足りないです。ブロッコリーやパプリカなどの野菜を加えることで食べ応えと彩りを強化しましょう。冷凍ブロッコリーなら一年を通して安く手に入ります。イオンで一袋158円くらい。

 

煙を出さず、グリルも汚さない

焼き魚が好きです!でも煙が出るのでなかなか作れません泣

アクアパッツァはフライパンで作れるし煮込み料理なので煙も出ません。

 

味付けが簡単

魚とアサリからいいお出汁がたっぷり出て、トマトのほのかな酸味と混ざり合うだけですでに9割がた完成された味になります。あとは塩コショウで濃さを整えるだけ。料理が得意じゃなくても、味音痴でも失敗しません。慣れてきたら乾燥ハーブを加えて風味の違いも楽しめます。

 

「にんにくひとかけ」の攻略法 『桃屋のきざみにんにく』

アクアパッツァにかぎらず、レシピにちょこちょこでてくる「にんにくひとかけ」ってどうしてますか?私は自炊を始めたばかりの頃、これに苦しめられました。だって、ニンニクをひとかけだけ売ってくれるお店はありません。大体3個でひとつの網に入っていて、一個だけ買うより割安なんですよね。でもこの大量のにんにくをどうしたらいいの?ひとかけだけ使い続けても全然なくならない……!

そんな時の強い味方が、こちら『桃屋のきざみにんにく』です。

刻んだニンニクが味付けしてあってそのまま食べられるんですが、これが調味料としてもちょうどいいんです。ニンニクらしさがしっかり残っているのに辛みがなくて、サラダのドレッシングなどにも使いやすいです。もちろん、これ単体でご飯にかけて食べてもおいしいので、ニンニク好きならいろんなものにかけて余すことなく使い切れます!

私はペペロンチーノを作る時にもよく使っているのですが、オイルで熱する場合は水分が出て跳ねやすい点だけご注意ください。

スーパーでひとビン300円くらいで買えてニンニク30粒分です。

もっと少量だけ買いたいならチューブのニンニクがいいかもしれません。でも、本当においしいのでぜひ試してみてください^^

 

 

 

 

個人事業主はカフェ代経費で落とせるってよ

f:id:arafo-ohitorisama:20210410174935p:plain

 

カフェで仕事がしてみたい

ごきげんよう、ヤモリです。今週はカフェ巡りをしていました。

基本的にはひとり暮らしの自宅で仕事をしています。気を遣う相手もいないので特に困っているわけではないのですが、うまく仕事モードに入れなくて気分を超えたい時はあるので、第二仕事場になればと思ってのことです。

今までカフェによく行くというタイプではなかったのですが(節約してたしね)、個人事業主として仕事するとカフェ代を経費で落とせるらしい……と聞いて、実質30%OFFにつられました。

近場の徒歩で行けるカフェをリストアップしてみると10~20件ほどヒット。結構多かったです。

以下、候補絞り込みの観点です。

 

ポイント1 混んでない 空席がちらほらある

まず、第一に混んでないことが条件です。

なぜならお店が混雑してくると「あ、あ、早く席を開けなきゃ……はい、ここもうお会計します!」と出ていかなければいけないプレッシャーを感じてしまうから。

スタバなどは料金を高く設定している分、静かでゆったりした時間をすごしてもらうことをコンセプトにしているので注文したらすぐ出ていかないといけないということはないのでしょうが、やはり並んで待っている人を見てしまうと早く席を譲らなければという気になってしまいます。

お店の回転率的にも1~2時間おきに追加注文するのが望ましいものの、ドリンクや軽食ばかりそんなにお腹に入りません。なので、理想はお客さんがちらほらとしかいない時間帯に、すみっこの席でひっそりと作業できるようなお店を探しました。

 

ポイント2 仕事や勉強で数時間滞在してもいい雰囲気がある

これはお店のメニューにも左右されます。お食事がメインとわかるレストランでは、食べ終わった後に本やパソコンを取り出して作業はなかなかできないですよね。

勉強や仕事ができそうな雰囲気の代表としてはスタバ、タリーズあたりでしょうか。あと、プロントはお食事も提供していますが、スーツを着た人やパソコンを卓上にあげている人が多いので作業しやすい気がします。

 

ポイント3 ソファー席がある(座面が固くない)

座面が木の椅子、お洒落だけどお尻の骨が当たって痛くなっちゃうので、苦手です💦

パソコン画面を見られずに仕事したいので、壁面に作り付けのソファー席があるのが好みです。

近所のスタバは、ソファー席はあるものの席数は少なめでした。混んでいる分、回転率をあげるためにわざと座面の堅い椅子にしているのかも知れません。

 

ポイント4 好みのドリンクがある

絶対条件ではないですが、好みのメニューがあればよりうれしいです。

私はフラペチーノ系のドロドロした飲み物は意外と苦手(フラッペもパフェも好きなのに……何故だ)で、ティーやカフェオレ系ばかり頼んでしまいます。

ハニーラテや、さらっとしたデカフェフルーツティーなんかがあると最高です。

 

結論

平日の昼間だし、そんなに人もいないでしょ~と思っていたら、予想に反してどのカフェも込み合っていました。ベビーカーを引いたお母さん連れや、参考書を開く学生、仕事中と思しきサラリーマンやマックブックに伝票の数字を打ち込むフリーランスっぽい人、ちょっと渋めのコーヒー専門店は年配の方も多かったです。この街に引っ越してきて間もないので知りませんでしたが、意外と大きな町だったようです。(どうりでカフェが10件以上あるわけですね)

お昼過ぎに行ったときはランチ後のお客さんがまだ残っているのかな~と思いましたが、午後3時くらいに見に行ってもまだ混んでいました。待機席で待っている人もいたりして、なんならファミレスとかレストランのほうが空いてるくらい。

というわけで、座席数の多いサイゼリヤでドリンクバーを飲みながら本を読みましたとさ。

……うん、おうちカフェでいいな。

 

セミリタイア生活10日目。どんな時に実感が得られる?

f:id:arafo-ohitorisama:20210409233042p:plain

 

 

(ほぼ)セミリタイア生活10日目になりました。

ごきげんよう、ヤモリです。

週にたった2日休日が増えただけなのに、いろいろ新しいことにチャレンジできました。気になっていたプログラミング言語の勉強や読書、ハンドメイドでペット用品を試作してみたり……昨日は仕事で使えそうな場所を探そうとカフェ巡りをしました。いや~、平日のカフェってあんなに混んでるんですね。😅住んでいる地域にもよるのかもしれませんが、想像と違ってびっくりしました💦

そのあたりの事は追々記事にするとして、今日は最近ようやく出てきたセミリタイアの実感について書きたいと思います。

 

フリーランス生活どう?」

有給消化に入ってそう聞かれることも増えてきました。

セミリタイアとは言われないw)

正確にはまだ会社員ですが、「控えめに言って……最高!」です。

どんな時にそれを感じるかというと、休日前などです。

いつもなら「明日は仕事だからあれをしてこれを準備して、疲れを残さないように外出は控えめにして早く寝なきゃ」と日曜日や平日夜の自由な時間帯であっても、常に仕事や会社のことを中心に考えて動いていました。

特に日曜日は夕方くらいからもう憂鬱モード。「はあ、明日からまた5日間拘束されるのか~」と思いながら過ごしていました。俗に言うサザエさん症候群ですね。(仕事は仕事でやり始めれば楽しいですが)

しかし、今は週休四日。早ければ水曜日には「あ、明日は休みか」と気づいて、しかもしばらく会社のことは忘れられます。

「明日のことは明日考えればいっか!今日は今日のやりたいことを思いっきりやろう♪」

と、今まで以上に休日を楽しむことに集中できるようになりました😁

思考が解放されるので、週2日どころか3日も4日も休日が増えたように感じます!

そして、夜寝る前や、ふとした瞬間にこう思います。

「この生活を明日も明後日も、続けようと思えば死ぬまで続けることができるのか……( ̄ー ̄)ニヤリ」

自然と口角が上がって笑みがこぼれてしまいます。

実際には継続して働いているし、収入を増やすための準備も勉強もしているのですが、たとえ無職になっても路頭に迷うことはないくらいの貯蓄があるんだと思えることは大きな安心材料です。

今は、ほんの少し前までのFIRE(セミリタイア)ブルーが嘘のように充実しています。

 

幸せのレシピ

とある精神科医が言うには、幸せな人というのは今を生きられる人なのだそうです。

不安感が強くメンタルを病みやすい人は、過去の失敗や未来の不安をいつまでも手放すことができず、今目の前にある幸福に気づけず疲弊して壊れてしまうのだと。

私は心配性でいろんなことを気にしがちなので、この理屈はすごく共感できました。

この先どんな未来が待っているかは正直わかりません。「セミリタイアしなきゃよかった」、そう思う日だってあるかもしれません。

でも、過去や未来の不安のために今憔悴して過ごすよりも、確かに存在している現在の幸せをしっかりと噛みしめて生きられたらそれが幸せな生き方になるのだと思います。

 

では、また^^

【閲覧注意】人間関係の断捨離をする時 ※愚痴が嫌いな方はこのページを開かず、回避してください。

【注意!】この記事は長文なうえ、あなたの気分を害するかもしれない愚痴が多分に含まれます。

他人の感情の嵐に巻き込まれたくない方は、そっとブラウザバックすることをオススメします。

「大丈夫やで」って方はスクロールどうぞ。

f:id:arafo-ohitorisama:20210405014649p:plain

 

 

こんばんは、ヤモリです。

人付き合いの希薄な私ですが、それでもたまにご飯を食べたり遊んだりする相手が何人かいます。

今回は、薄ーく続けていた人間関係を一つ断捨離することにしました。これはその経緯と感情の記録です。

 

誰との断捨離?

断捨離相手であるYちゃんは新卒で入社した会社の同期。当時は業後にお茶をしたり映画を見に行ったりした仲でした。

その後お互い退職して私は上京し、A社に転職。まもなくYちゃんも勤務地は違うものの地元県のA社支部に転職しました。

Yちゃんは営業職、私はスタッフ職で事業部も職制も別々でしたから直接仕事で絡む機会はありませんでしたが、東京で全社イベントがあるときなどは会場で待ち合わせて会ったりしていました。

ただ、彼女はA社支部の同僚とは誰もそりが合わなかったみたいで、長年不満を募らせていました。私は「合わない環境でずっと我慢することはないよ」と愚痴を聞きながら転職を勧めて、Yちゃんは数年前にA社を退職し上京、今は別の会社に勤めています。

私はその後もA社で働き続けていましたが、セミリタイア資金がたまったのと、職場の状況が変化(後述します)したこともあって、今回退職することになりました。(彼女にセミリタイアのことは話していません)

 

Yちゃんのコンプレックス

Yちゃんは、収入の多くを美容やファッションや家具に投じているだけあって、いつもお洒落な人です。お金がいくらあっても足りないよ~と言っていましたが、第一印象で私は「かわいい子だなあ」と思いました。社交的で、誰とでも物おじせず話せるのが羨ましかったです。話題も豊富で映画やテレビの話をする分には、とても楽しかったのを覚えています。

ただ、新卒当時から気になっていたことは、愚痴が多いということでした。

単純にあいつがムカつく、誰々ちゃんが性格悪い、みたいなのも多いのですが、特徴的だったのは〇〇さんからマウントを取られた系の話が多いことです。

学歴に始まり、年収だったり、恋人や結婚の有無だったり。実際に話を聞いていると私には「ん?」と思うことがほどんどでした。

例えば、ある時Yちゃんがこんなことを言いました。

「最近結婚した友達がいるんだけど、既婚になったとたん性格悪くなったんだよね。海外旅行に行こうよって誘ったら『旦那に聞いてみないと』だって。結婚したら友達よりも旦那を優先するの?私だったら家族より友達を優先するけどな~。なんで、マウント取ってくるの?って思ったよ。あの子、結婚して非常識になったみたい」

私には彼女の言う非常識が何かは分かりかねましたが、賛同できる話ではないなと思いました。とはいえ、彼女が一度もパートナーができたことがないことをコンプレックスに思っていることは知っていたので、婚活がうまくいかない焦りもありちょっと過剰に反応してしまっているのだろうなと解釈していました。

そこで、

「今まで気兼ねなく一緒に遊べてた人が、そうじゃなくなるのはさみしいよね」

とか

「既婚と独身だと価値観や話題が合わなくなるのはわかるよ」

など、部分的な共感は示すが同意せずの立場でいました。

彼女もうんうんと頷きながら、それでも「そういうのって非常識だよね?」「結婚すると非常識になる人、多くない?」など繰り返していました。どうしても非常識だと言ってほしいんだろうな~と察しながらもかわし続ける私にしびれを切らしたYちゃんは言いました。

で、ヤモリちゃんはどう思うの?非常識だって思うよね?

直球を投げられては逃げられそうにありません。正直に自分の考えを伝えました。

「う~ん……結婚したらパートナーとは運命共同体になるわけだし、ある程度は仕方がないんじゃない?一緒にローンを組んで家を買ったり、子育てだってするだろうし。家族になるってことはお互いに責任を負いあうってことだよ。子供が熱が出たからと言って友達が代わりに看病してあげられるわけでもないし、何の責任も負わない他人よりも旦那や家族が大事になるのはまあしょうがないって思うよ。既婚になった友達とは疎遠になっちゃうかもしれないけど、私はずっと独身でいたいと思ってるし、独身は独身同士で仲良くすればいいじゃない」

彼女は期待とは違う回答でいくぶん不満そうでしたが、その場はそれで終了しました。

 

愚痴が悪いとは思わない理由

確かに愚痴がすごく多いし、独自の理論が多い子だなとは思っていましたが、私は愚痴を言うことそのものには反対していませんでした。人間関係だれでも嫌になったり腹が立つ瞬間はある。そのガス抜きをどこかでしたいぐらいの気持ちなんだろう。ここで怒りを発散してスッキリした気持ちで日常生活に戻れるなら、愚痴を聞いて共感することにも意味があるんじゃないか?と考えていました。

……この考え方は間違っていたことを、後々痛感します。

 

きっかけは、オンライン飲み会

Yちゃんとは通算で十数年のつきあいになりますが、ここ10年ほどは私から連絡をすることはなく、年1~3回ほどYちゃんから連絡があった時にランチやオンライン飲みをする付き合いを続けていました。

そして、一年ほど前のことです。

私が上長に退職の意思を告げたことを話すと、Yちゃんは急に面接官のような態度を取り始めました。

自分の仕事の棚卸からまずしないとね。どんなスキルがあるのか言ってみて?

と言いながら、希望年収なども根掘り葉掘り聞いてきます。その頃、彼女は人材斡旋の仕事についていたので、「職業病が出ちゃったのかな?」と思いましたが、彼女はIT業界のことは専門外です。「GAFA?は?なにそれ?」って聞くくらいですから、多分専門用語は通じません。

「まだ転職の準備のことは何も考えていないからそういうのはいいよ。時期が来たらどこかの転職エージェントに登録でもするから気にしないで~」

やんわりと断りました。

そもそもフルタイムで転職しようと思っていなかったのと、関東を離れることも検討していたため、どう考えても私が彼女に転職の斡旋を頼むことはないだろうなと思っていました。

それでも彼女は粘っていましたが、どうにかすっとぼけて話題をそらしました。

その後コロナ禍の中、何度かランチに誘われたりもしたのですが、「コロナが明けたらね」と一年ほど断っていました。

今回、緊急事態宣言があけたタイミングで再び彼女から連絡が来たこともあり、「自粛も明けたし久しぶりに話す?」と水を向けたところ、オンライン飲みの運びとなりました。

他愛ない話をしたあと、彼女が聞ききました。

転職先は決まったの?

「転職はしないことにした。退職後も今の職場から業務委託を受けることになったから、しばらくは個人事業主をやるよ。後任が見つかるまでの間だろうけど、今の上司にはお世話になったから恩返しのつもりで受けようと思う」

そう答えたところから、雲行きが怪しくなりました。

 

スイッチの入ったYちゃん

実は私のいる事業部は少し前にA社から別の会社に移されて、様々な事情が変化しました。そのため職場の3分の1にあたる人員が入れ替わっており、退職した人の仕事をまだ慣れない新人がこなしきれるはずもなく、残った人たちにそのしわ寄せがきて疲弊した末に不満が上がるようになっていました。

採用にしてもCMをバンバン打っているA社のネームバリューがあったころと比べれば希望者自体が少なく、人材の質は低下が否めません。そういう状況もあって後任の人員を補充しかねているのではないかと説明しました。

「私はA社にいたとき仕事の仕方は教わってよかったけど、A社の人たちの他人を見下すような態度は見習うべきじゃないと思ったなあ」

とYちゃんが言いました。

私はこの時まだ異変には気づいておらず、彼女が地元県のA社にいたころのことを思い出して何か言っているのかな?くらいに思っていました。なので、「そうなんだね」と言いながら次の話題に移ろうとしたのですが、彼女は文脈を無視してさっきと同じセリフを繰り返します。それが5~6回続きました。

「……さっきからずっと同じことを繰り返し言ってるけど、なにか私にしてほしいことでもあるの?」

「んー、してほしいとかじゃないけどお、ヤモリちゃんはA社に染まっちゃったなあって思って」

「??」

「A社の人たちの他人を見下すところ、ヤモリちゃんには真似して欲しくなかったなー」「A社の人って自分がすごいと思ってるかもしれないけど、他社に行っても通用するかって言ったら違うんじゃないかなあ?」「それなのに、自分よりできない新人を見下すようなことはやめた方がいいんじゃない?」

正直、「はあ?」と思いました。意味が分からん、とも。

確かに退職を考え始めた頃、しわ寄せのあまりの多さに、教えても教えても新人たちに業務内容がなかなか入っていかないことを愚痴ったことがあります。メモを取ろうとしない人は論外だし、取っている人もそのメモは見直すこともないまま5回も6回も同じ質問をされるのはもう疲れた、と。

けれどもそれは1年以上も前の話で、彼女から「私は気にしないから、たまにはヤモリちゃんも嫌なことがあったら話してよ~。いつも愚痴聞いてくれてるでしょ?」と促されてのことでした。話した後は「最悪だね~。嫌なことは我慢しないで嫌ってはっきり言った方がいいよ~。私だったら言っちゃうな~」とも言われました。

それが、1年もたって久しぶりに話したと思ったら、なんで今その話?全く意味が分かりませんでした。

しかし、彼女が私にしつこく「見下している」と言いたがっていることだけは確かです。この時は何が彼女のスイッチを入れたのかもわからず、本当に意味不明でした。

 

そして、非表示に

とにかく、私が何か彼女の地雷を踏んだのだなということだけは察しました。とはいえ、私も急にあおられて怒りがこみあげてきていました。どうにか冷静になろうとしますが、

「Yちゃんがそう感じたということはわかったよ。じゃあ、この話はもう終わりにしよう」

と提案するのがやっとです。

ですが、彼女はしつこく同じセリフを繰り返します。

全くやめる気配はないので、

「今はお互いに思いやりのある言葉を言えないだろうから、一度時間と距離を置こう。私はあなたから言われたことで嫌な気持ちになったし、もうこれ以上話を続けたいと思わない」

これも複数回伝えるものの、

「ん~、でもお、私は別に嫌なこととか言ってないよ?見下してるな~と思ったから言っただけで~。私は嫌なことって思わないけどな~。なんでキレてるのかわかんないなあ~?」

同じ押し問答を繰り返すだけです。

結局、話を終わらせてもらえないので、私も我慢の限界を迎える前に通話を打ち切りました。

「しばらく連絡してこないでほしい」とLINEして、あとは非表示です。非表示にする前に、彼女からのリプライで「失礼なことはやめてね」と返ってきているのが見えました。

 

激しい怒り

私は意味わからんと思いながらも、ものすごく腹が立っていました。

こういう時、つい誰かにLINEして同意してもらいたくなる気持ちがよくわかります。自分の怒りに共感してもらうことで、自分は間違ってないと思いたいんです。でも、愚痴られた方は感情のゴミ箱にされて嫌な思いをするだけでしょう。なんとか踏みとどまって、ノートに気持ちを書きなぐりました。これならだれも巻き込まずに怒りを処理できます。(3ページも書いてしまった(-_-;))

 

一晩経って

怒りの感情は通り過ぎるまで6秒と言いますが、私は翌朝になってもまだ時々思い出してはムカムカしていました。

それでも気分転換に街を歩きながら「誰だってこういう嫌な経験はあるものだ」「腹が立つのだってきっと数日後には薄れている。長い人生で見ればきっと一瞬」そう考えると、少しづつ冷静になっていきました。

そうしてみると、私は彼女に「見下している」と言われたことが、事実とそう遠くないのではないかと思いはじめました。

 

私は彼女を見下していたのか?

ここまで読んた方で気づいた人もいるかもしれませんが、冒頭で書いたように私はYちゃんを愚痴が多い人だなと思っていました。そして、コンプレックスがあるから仕方ないんだろうと解釈し、でも関係を密なものにしたく無いから自分からは一切彼女に連絡をとらず、誘われた時だけ会う約束をしていました。連絡が来なくなってフェードアウトするならするでかまわない。そう思いながら。

……考えてみれば、これは本当に友情だったのでしょうか?

私は彼女のことをひとりの人間として尊敬し、友達として敬っていたと言えるでしょうか?

 

言い訳ばかりの自分

私は自分の不満を紙に書きだした後、それを眺めてこうも思いました。言い訳ばかりだな、と。

 

わざわざ向こうから連絡をしてきたからオンライン飲み会をしたのに

(→本当は話したいと思ってないけど、嫌われたくないから自分からは拒絶しない)

 

新人の愚痴を言ったことはあるけど一回だけ。それだって、Yちゃんから言わせたのに

(→本当は言いたいわけじゃなかった。それもこれも彼女のせい)

 

 全部、言い訳です。

自分の行動や発言の最終決定権は自分にあります。

彼女が何を言おうが、私にはそれをしない選択肢がありました。

選ばなかったのは自分です。

 

結局のところ

彼女は私が「『新人』を見下している」と言いましたが、本当は私の彼女自身に対する態度を見透かしていて、「ヤモリちゃんは『私』を見下している」と言いたかったのではないかと考えると、すべてがしっくりきます。あの時、彼女のスイッチを入れたものが一年以上も前の新人への愚痴だとは到底思えません。

「なんでキレてるのかわかんないなあ?」と言われて、「キレてるんじゃなくて怒ってるんだよ!」と言い返しそうになりましたが、何のことはありません。自分の彼女を軽んじる態度を見透かされて図星を刺されたことに狼狽し、キョドってキレていたんだと思います。

 

依存関係を終わらせる

彼女は愚痴の多い人でしたが、その環境を整えたのは私です。

彼女は愚痴を聞いてもらえるから私に何度も連絡してきて、私は自分から嫌われたくないからそれを許容しました。彼女自身が自らと向き合い、前にすすんだり省みるといったアクションをすることを遠ざけながら。それは友情でもなければ手助けでもなく、ただの依存関係です。

愚痴を言うことのすべてを否定はしません。つらくて苦しくてどうしようもない時、抱えていたものを吐き出すことで救われる人は多いはずです。本当に信頼関係のある者同士だったら、まず、吐き出させてあげることの有効性は疑いません。

でも、愚痴を言い続けることはいいことかと聞かれたら、どうでしょう?愚痴を聞き流すことで関係を保とうとした愚か者の末路をここまで聞いた方なら、もう答えは出ているでしょう。

私は彼女との依存関係を終わらせます。

もう彼女の苦しみに共感を示してあげることはできませんが、それは彼女の課題であって私の課題ではありません。

私の課題は、人に嫌われたくないがために自分の行動の責任を他者に擦り付けようとした私自身の心の弱さです。

 

最後に

長文ですがここまでお読みいただきありがとうございました。

(6000字超えてました💦)

最初は読者の気分を悪くさせるような記事はあげるべきではないと思いましたが、私がブログを始めた理由は自分の感情を記録して、見つめなおすためです。だから、キラキラした出来事や前向きな気持ちばかりを綴って「私ってこんな人間なんだ」というのは違うと思いました。夢を叶え、新しいことを始めようとワクワクしている同じ心で、醜くて矮小で目をそむけたくなるようなドロドロした感情も持っています。それに目を向けるためにこの記録を残そうと思いました。

最後までお付き合いいただいたことを感謝いたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

個人事業主は賃貸住宅を 自宅兼事務所として使ったら 違法なのか?

f:id:arafo-ohitorisama:20210401005056p:plain

こんにちは、ヤモリです。

個人事業主として開業の準備を進めています。

今日は自宅兼事務所の手続きについて調べました。

 

 

きっかけ

会社の人と開業準備の話をしていたら、「賃貸物件を事務所利用の場合は敷金がもう一か月分必要とかあるみたいだけど、何か手続するの?」と聞かれました。

その方は、最近引っ越ししていたので契約書か何かで見たのかもしれません。

確かにちゃんと調べたことはなかったので、調べてみることにしました。

 

結論は利用可能。申告の必要もなし。

結論から言うと、個人事業主であれば大半が住居用の賃貸住宅をそのまま利用できるし、大家さんへの申告義務もないということです。

ポイントは3点。

①顧客など不特定多数の来客がない

②騒音を出さずに作業できる

③ポストや表札に社名を出さない

 

大家さんが事務所利用を嫌がる理由

そもそもなぜ大家さんが事務所利用に別条件を付けているかというと、下記の観点からです。

①②は近隣住民の静かな環境を守るため。不特定多数の人が出入りする場所は治安も悪くなりがちです。

③は住宅ではなく事務所契約になると大家さんの固定資産税が上がるという金銭的負担。

ひとつひとつ見ていきましょう。

 

ポイント①顧客など不特定多数の来客がない

退職後の仕事は今と同じで、パソコンでの作業です。もちろん来客はありません。

仮にこの先顧客と対面しなければならないような状況になっても、自宅じゃなくてカフェとかで会えばいいだけです。これはクリア。

 

ポイント②騒音を出さずに作業できる

鳴るのはパソコンのカチャカチャ音くらい。たまにオンラインミーティングがあってその時は話し声がするかもですが、せいぜい18時くらいまでですし、バカ騒ぎをするわけではありません。

コロナ禍の今もほぼ在宅ワークで仕事していますが、環境的にはまったく変わらないでしょう。料理をしている時の方がうるさそうです。

 

ポイント③ポストや表札に社名を出さない

見た目で事務所っぽいのがばれるやつですね。大家さんは固定資産税が上がる恐れのある事務所利用を嫌いますから、見かけたら「税務署に嗅ぎつけられたらどうするんだ!」と敏感に反応するかもしれません。

ですが、国土交通省ガイドラインでは、

住宅としての使用は、専ら居住者の生活の本拠があるか否かによって判断する 

引用:マンション標準管理規約(単棟型)及び同コメント

とあり、住民票を登録していて実際に生活するための家具やスペースがある状態なら「住宅利用」として認められています。大家さんに報告の義務がいらないのはこのため。(そもそも事務所利用にあたらない)

私も、来客や郵便物のためにポストに社名を出さなければいけないということはありません。仮に屋号で郵便物を届かせたい場合も私書箱やバーチャルオフィスの転送サービスがあります。

法人登記する場合も、SOHOのように「住居契約のまま法人登記」であれば、固定資産税は上がりません。

 

大家に言わないのは心苦しい?

それでも黙っているのはなんだか悪い気がする…と思う人もいるかもしれませんね。

そもそも実際に生活しているのであれば特に報告しなければいけないようなことではないので、違法でもなければ義務違反でもありません。

しかしながら、大家さんが「法律とかよくわからないけど、とにかく怖いから事務所利用は一切ダメ!」と言ったらそれは貸主の都合が通ってしまいます。引越ししたくない人は要注意です。

さらに言えば、国税庁は消費税について、「店子が黙って事業用に物件を利用していた場合、大家に消費税の支払い義務があるか?」という問いに「事務所利用を知らず、住居→事務所の契約変更を行っていない場合は該当しない」という旨の回答をしています。

仮に固定資産税が上がるような用途で使用していたとしても、大家さんがそれを知らなくて契約内容も変更されていない場合は、迷惑が掛かることもないみたいですね。あくまで、税金は契約内容で判断されると思っていいでしょう。

迷惑をかけないことがわかっているなら、相手のためにも自分のためにも、事務所利用とわかるようなものは出さずに黙っていたほうがいいのかもしれません。

 

今日はここまで。

退職後一番安い健康保険は?4つの選択肢を比較。

f:id:arafo-ohitorisama:20210329002547p:plain

ごきげんよう、ヤモリです。

退職まで3か月をきりました。

退職後は社保から一度離脱しなければならないので、健康保険(主に保険料負担)について調べました。

一般には国民健康保険か任意継続健康保険の2択になりますが、調べてみたら全部で4つ選択肢が出てきたので紹介します。

 

 

国民健康保険

会社員じゃない大抵の人は国保に加入することになります。

保険料は、市区町村により異なりますが概ね所得の7%前後(40歳以下の場合)

メリットは、所得の減り方や家族の状態によってさまざまな減免制度があり、低所得者の味方。

デメリットは、扶養家族がいる場合、個別に加入する必要があるのでその分保険料は増えることと、出産手当金や傷病手当金が支給されないなど保障は社保に劣ること。

 

任意継続健康保険

退職前に加入していた会社の保険組合に最大2年まで継続加入できます。

保険料は、市区町村により異なりますが、概ね所得の10%程度。

(社員の時の負担は事業主と折半なので5%→退職後は10%全額納付しなければならない)

メリットは、保険料に上限があり前年の所得が400万円以上なら国保より安くなりやすく高所得者の味方。また、扶養家族は0円で加入できるので、家族持ちの世帯主なら一択?保障は一番手厚い。

デメリットは、保険料が原則2年間変わらないため所得が下がった状態で2年目をむかえると国保よりも高くなるケースがあること。原則、途中の脱退はできないことになっていますが、わざと保険料を滞納することで脱退し2年目は国保にするという荒業もあるようです。

 

扶養家族がいないお一人様の場合、保険料率だけ見ると7%と10%で国保の方がお得ですが、所得が400万円を超えてくると標準報酬月額の上限金額に達するので任意継続の方がお得になります。2年目セミリタイアして所得が下がる場合はまた迷いますね。

私の場合はざっと計算したところ、任意継続のほうがお得になりそうでした。

で、調べてみるとさらに選択肢が2つあります。

 

文美国保(文芸美術国民健康保険

通称ぶんびこくほ。

最大の特徴は所得に関係なく保険料が月額2万円程度で固定なこと。稼げば稼ぐほどお得になります。

デメリットは、扶養家族の0円加入ができないことですが、家族も半額程度の保険料に抑え込めます。

ただし、加入できるのは、創作活動を生業にされている個人事業主の方のみ。(法人不可)

ブロガーやyoutuberでも入れるといわれていますが、あくまでも制作物(WEBデザイン、動画作成、書籍など)を納品して収入を得ている必要があるため、広告収入であるアフィリエイトなどしか収入源がない場合は加入できません。

文美国保に入るには所属する協会にまず加入する必要があり、年会費などもかかってくるので保険料だけでは比較できませんが、所得がおおむね200万円以上なら国保よりも安くなるようです。加入できる職業の人なら一気に最有力候補になるのではないでしょうか?

 

マイクロ法人の社保

健康保険の種類とはちょっと違いますが、保険料が安くなるという意味ではこれも一手。

事業所得80万円程度の法人+個人事業主のコンボで社会保険料を合法的に安くできます。

通常社会保険に加入しているサラリーマンが個人事業の副業で稼いでも国民保険に加入させられることはありません。給料に応じた健康保険料を一回だけ払えばいいのです。

これを応用して極限まで給与収入を安くした法人を設立して最安の健康保険料を払い、残りの事業所得は個人事業主として受け取ることで、いくら稼ごうが保険料の納付額を一定に抑えることができます。当たり前ですが、社保なので扶養家族も0円で加入できます。

 デメリットは、売り上げが0円でも毎年住民税が固定で7万円かかってくるなど、法人ゆえのランニングコストが発生することです。会社を作るにも畳むにもショットでお金はかかるので、「2~3年だけやっておしまい」ではもったいないですね。また、事業内容が法人と個人事業主で別にする必要があるので2つの事業が必要です。

条件はありますが、一番保証の手厚い社保に入れて保険料が安いなら放っておく手はないでしょう。

 

 

残念ながら今の私では文美国保とマイクロ法人は厳しそうですが、文美国保のように業界固有の保険組合があることはわかったので、自分の職業に合わせて加入できそうな組合がないかもう少し調べてみるつもりです。

それがだめでも、収入の柱を1つにしておくつもりはないのでいずれマイクロ法人を使えるようにすることが目標。

……正直、保険とか節税のことを調べていると頭パーン!てなりそうです😅

 

フルタイム勤務終了。(セミリタイア開始?)

f:id:arafo-ohitorisama:20210328213012p:plain

こんばんは、アラフォーおひとり様のヤモリです。

前回の気分の落ち込みは2週間ほどで回復し、唐揚げを大量に揚げることでストレス発散しました。もう当分鶏もも肉は見たくない…😅

まだ退社はしていませんが、4月からは有給消化に入るので、週5日のフルタイム出勤は今週で終了でした。明日からはおおむね週3勤務になります。

一応セミリタイア達成?

 

セミリタイアの実感はない?

あれですね、セミリタイア突入しても、「やったー!!ついに!」みたいな実感はまだ全然ないです。

やっぱり退職日を迎えてないからでしょうか?

とりあえず、外食をしたり、スーパー銭湯に行ってみたり、ささやかな祝杯をあげました。

 

有給消化のこと

私の有給はまるまる40日分あるので、本来なら4月末までフルタイム出勤したのち最終出社日を迎え、5月6月は出社しないつもりでした。

が、7月以降も退職した会社から仕事をもらう関係で、6月まで週2~3日程度のちびちび出勤を続けます。(ちなみに有給の全消化は無理な模様)

一応出勤日とそうでない日がありますが、打ち合わせとかはメンバーの都合上スケジュールをなかなか動かせないので、「勤怠上は有給にしておいてオンラインで会議だけ参加」のような幽霊出社になりそうです。

朝から晩まで自由な日っていうのは当分土日祝だけ。

 

7月以降は個人事業主で業務委託

先ほども書いた通り、退職後も業務委託で今の仕事を続けます。(業務量は減らします)

もともとは新天地に移ってそこで転職活動をするつもりだったので、在宅でできる業務委託の話は渡りに船。唯一の欠点は、開業届を出してしまうと失業者ではなくなるため、途中で契約を切られても失業給付は受けられないということです。

被雇用者でなくなるんだなあと思うと、いつ切られるかわからない不安は出てきますね。😅

『長期で』とは言ってもらっていますが、期待しすぎず、恩返しのつもりで受けようと思います。

 

とはいえ、会社もいつまでも非正規の人に重要な仕事(業績の40%に関わり、個人情報も絡む)を任せるわけにはいかないでしょうから、後任の人が見つかり次第私がお役御免になる可能性は十分あります。

業務内容がニッチすぎて後任が見つけにくいだろうことは私も予想していたので、退職を申し出たのは半年以上も前です。面談のたびに上長には希望の退職日と最終出社日を伝えていたのですが、それでも代わりの人が見つからなかったのか、本気だと思われてなかったのか?、今のところ私の後任人員が補充されるという情報はありません。

社員じゃなくなるので管理者権限や担当などは徐々に今いるメンバーに引き継ぎをしつつ、来期の計画も練ってます。

祝日のない3月は長かった…。ともあれ、セミリタイアおめでとう、私。